HOME > 製品情報 > カテゴリ別 > 補助具 > ドリルスタンドRULO(ルーロ)

No.50R ドリルスタンドRULO(ルーロー)/ Drill Stand Rulo

※2020年12月10日 新発売

ドリルスタンドRULO
ドリルスタンドRULO包装
ドリルスタンドRULO使用例
ドリルスタンドRULO
ドリルスタンドRULO包装
ドリルスタンドRULO使用例
用途 USE

垂直穴、センター穴等、穴あけ作業をサポートする

特長 FEATURES

仕様

材質 アルミダイキャスト
適用機種 ドリルドライバ14.4V以上
電気ドリル
取付け可能な先端工具サイズ サイズ:57mm以下
全長:220mm以下
軸径:1.5mm~13mmまで
適正回転数 2,500回転/分以下
軸マークの見方 三本溝:三本溝
注意事項注意事項
  • 使用前にドリルチャック部、及びレバーは確実に締めてからご使用ください。
  • 作業中は保護具を着用してください。
  • ドリルスタンドRULOのベースはクランプ又は手でしっかり固定してください。
  • 角度をつけた状態では本体が転倒する恐れがありますのでご注意ください。
  • チャックキーホルダーはチャックハンドルの保管にご利用いただくものです。穴あけ作業時にはチャックキーホルダーを外し、Oリングをセットしてご使用ください。

サイズ

ドリルスタンドRULO
ドリルスタンドRULO寸法

高さ:H ガイドバー幅:a ベース内径:b 軸径:d / 単位(mm)

品番 高さ ガイドバー幅 ベース内径 軸径 価格(税抜) JANコード
50R 367.5 99 60
10三本溝
19,800円 4962660500718

小箱:1入

交換パーツ

ドリルスタンドRULO各部名称
ベース(ゴムシート付)
ガイド(ブッシュ付)
主軸
ガイドバー
ロックピン
ストッパーリング
六角軸穴付きタンボルト
スペーサー
平ワッシャー
軸用C型止め輪
Oリング
カムレバー
止めネジ
チャックキーホルダー
ドリルチャック
チャックハンドル
品番 名称 価格(税抜)
50R-OP1 ベース(ゴムシート付) 4,020円
50R-OP2 ガイド(ブッシュ付) 3,600円
50R-OP3 主軸 1,800円
50R-OP4 ガイドバー 2,600円
50R-OP5 ロックピン 540円
50R-OP6 ストッパーリング 450円
50R-OP7 六角軸穴付きボタンボルト 50円
50R-OP8 スペーサー 20円
50R-OP9 平ワッシャー 20円
50R-OP10 軸用C型止め輪 20円
50R-OP11 Oリング 30円
50R-OP12 カムレバー 400円
50R-OP13 止めネジ 200円
50R-OP14 チャックキーホルダー 200円
50R-OP15 ドリルチャック 3,600円
50R-OP16 チャックハンドル 300円

豆知識

ドリルスタンドRULOのここが便利

仮留め

仮留めができる

ガイド部分には止めネジが付いています。ドリルを取付ける際にガイドが仮留めができるのでセットしやすくなります。

一定深さ

一定深さの穴あけ

ストッパーリングが付いているので、一定深さの穴あけが可能です。

角度調節

角度調節がカンタン

レバー式のハンドルで角度調節がカンタン。目盛も凹凸がついてわかりやすい。

ゲージ付き

センター出しがスムーズ

ベース部にゲージが付いているので、センター出しがスムーズに行えます。

滑りにくい

滑りにくい

ベース底部にはゴムシートが付いているので滑りにくくなっています。

チャックキーホルダー

チャックハンドルを収納

保管時は付属のチャックキーホルダーにチャックハンドルを差しておけば、なくす心配がありません。

角材のセンター出し

角材のセンター出し

ロックピンをベース底部分に対角に取付ければ、角材のセンター出しがカンタン。

よくある質問

ドリルスタンドのC型止め輪はどうやって外すのですか?
C型止め輪を外すには「スナップリングプライヤー」という工具を使用します。グリップ部を握ると先が開くタイプをご使用ください。

スナップリングプライヤー
グリップ部を握る
工作台取付用ビス穴とロックピンの穴はどれですか?
ドリルスタンドRULOのベース部分にそれぞれ4箇所ずつあいています。ご購入時にはロックピンが差し込んである状態になっています。

ドリルスタンドベース
箱から出し、サイズをあわせようとしてもカムレバーが動きません
カムレバーを倒す方向は合っていますか?反対側に倒すと締め付けてしまうことになり、カムレバーが動かなくなる原因となります。カムレバーは次のように倒して緩め、サイズ合わせを行います。

カムレバー

①箱から出した時は、左右のカムレバーは同じ方向に倒れています(ベース部分が逆三角形になるように置きます)

奥から手前に

②右側のカムレバーを手前に倒し、緩めます

引っ張る

③左のカムレバーを外側にスライドさせた状態で手前(垂直になるくらい)に倒します(スライドさせるとロックが外れるのでカムレバーが前後に動かせるようになります)

手前から奥に

④スライドさせたカムレバーを戻し、カチッと音がするところに合わせます(ロックをかける)

手前から奥に

⑤カムレバーを奥に倒し、緩めます
角度調節を行い、左右のカムレバーを締めてください

※わかりやすいように素手で行っていますが、実際の作業時は手袋を着用してください

角度調節をする際、カムレバーがベースにあたって回せません
カムレバーは外側にスライドできるようになっています。スライドさせるとカムレバーを回すことができます。

カムレバーがベースにあたる

①角度調節をする際に、角度によってはカムレバーがベースにあたり回しにくいことがあります

外側に引っ張る

②カムレバーの黄色の部分を持ち外側にスライドさせた状態で回すと、ベース部分にあたりません

※わかりやすいように素手で行っていますが、実際の作業時は手袋を着用してください

補助資料

使用例(一例)

90度の垂直穴加工

90度の垂直穴加工

斜め穴加工

斜め穴加工

丸棒加工

V溝を利用した丸棒加工

角材へのセンター穴

角材へのセンター穴加工

データ・カタログ

カタログページ
ドリルスタンドRULOカタログ
製品画像データ

関連製品

ショートビット
兼用ビット

動画

ページのトップへ戻る